Akiba-iポイント 会員登録

同意して登録開始

【重要】

会員登録をされる前に、下記会員会則およびプライバシーポリシーをよくお読みください。

会員会則およびプライバシーポリシーには、本サービスを使用するに当たってのあなたの権利と義務が規定されております。

「同意する」ボタン をクリックすると、あなたが本会員会則およびプライバシーポリシーの全ての条件に同意したことになります。


Akiba-iポイント会員会則

第1条【名称】

Akiba-iポイント会員

第2条【運営】

本会は秋葉原タウンマネジメント株式会社(以下、事務局)が運営します。

第3条【会員の資格】

会員とは、本規定を承認のうえ、Akiba-iポイントへの入会を申込み、事務局が入会を認めた方をAkiba-iポイント会員(以下「会員」という。)とします。

第4条【カード】

Akiba-iポイントで利用するカードは、Suica並びにPASMOの交通系ICカードとします。本ポイントの利用については、シナジーメディア株式会社の持つPASMO商標利用許諾並びにJR東日本Suica利用承認に基づきます。なお、交通系ICカードは、会員自身が用意するものとします。

第5条【転貸、譲渡の禁止】

Akiba-iポイント(以下「ポイント」という。)は会員のみが利用でき、他人に貸与、譲渡することは出来ません。

第6条【ポイントの利用】

  1. 会員は、指定場所でポイントの利用が出来ます。
  2. 会員は、ポイント数に応じて、景品等に交換が出来ます。
  3. ポイントと現金との引き換えはできません。

第7条【カードの紛失、盗難】

  1. Akiba-iポイントで利用するカードの紛失や盗難にあったときは、直ちに、事務局に紛失の連絡をしてください。連絡を受けた後に速やかに蓄積されたポイントについて、ポイントを管理する事務局において利用制限します。
  2. 事務局での対応範囲は、ポイントに限定され、その他の一切の責任を負いません。

第8条【カードの破損等】

  1. Akiba-iポイントで利用するカードが破損して使用不能となった場合、事務局に破損の連絡をしてください。事務局で、破損したカードを利用して蓄積されたポイント数を新規登録されたカードに無償で加点します。
  2. Akiba-iポイントで利用するカードが交通機関でのチャージ時等に、本人への予告なく登録したカードから新規のカードへと変更される場合が稀にあります。この場合、会員が加盟店でのカード利用時に、登録されたカードとの認識でありながら会員申込書が発行されることで確認が取れます。こうした際には、事務局に連絡をしてください。事務局で、変更前のカードにより蓄積されたポイント数を新規カードに無償で加点します。

第9条【会員資格の喪失】

会員が、次のいずれかに該当した場合、事務局は会員に通知することなく、Akiba-iポイントで利用するカードによるポイント利用の停止及び資格の喪失をさせ、当該ポイントの無効を通知することができます。

  1. 入会時に虚偽の申請をしたとき。
  2. 本規定に重大な違反をしたとき。
  3. その他、会員の信用状態が著しく悪化したり、本規定に重大な違反をしてポイントの利用をしたとき。

第10条【会員の脱会】

会員の都合により脱会する場合は、事務局に連絡をしてください。脱会した時点で、蓄積されたポイントは全て失効いたします。

第11条【ダイレクトメール等の発送】

各種イベント等のご案内を、会員あてに事務局から発送することがありますので、予めご承諾ください。

第12条【ポイントの集約】

会員が、Akiba-iポイントで利用するカードは原則として1枚としますが、やむを得ない事由により複数枚を所有した際のポイント集約については、事務局において行います。

第13条【ポイントの有効期限】

ポイントの有効期限は、各ポイントの発効日から3年経過後の3月31日までといたします。

第14条【WEB登録】

会員は、準備出来次第、専用サイトからメールアドレスを登録し、IDとパスワードを取得することにより、Akiba-iポイントWEBサイトからポイント残高等の情報を取得できるものとします。

2010年6月現在

プライバシーポリシー

秋葉原タウンマネジメント株式会社(以下、「当社」といいます)は、個人情報保護を社会的責務と考え、本方針を策定し、当社役員及び従業員に周知させるとともに、本方針を一般の人が入手可能な措置を講じます。

  1. 個人情報の取得、利用及び提供

    個人情報の収集目的を明確にし、目的の範囲内で利用及び提供を行います。

    1. 本人の同意なく利用目的を変更したり、個人情報を第三者に提供することはありません。また本人からの請求があった場合、利用目的の通知、内容の開示、訂正、利用停止等適切な措置を講じます。
    2. 個人情報はできる限り正確、かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏えい等の事故を予防することや是正に関する適切な措置を講じます。
  2. 法令遵守、ガイドライン等への適合

    「個人情報の保護に関する法律」およびこれに関連する法令及びその他の規範を遵守し、行政機関等の定める告示、ガイドライン等に業務を適合させるよう措置を講じます。

  3. 社内規程の整備と継続的改善

    個人情報の管理に関する社内規程を整備し、個人情報の適切な保護に努めます。

    1. 本方針及び社内規程の内容について役員及び従業員への周知徹底を図るとともに、コンプライアンス・プログラムの継続的な見直しと改善に努めます。

  • 同意する
  • 同意しない
商標利用文面

ページの先頭へ戻る

  • 会員登録(無料)
  • ログイン
<